北鎌倉へ


高速を飛ばして北鎌倉まで行ってきた。
そう、あの「さだまさし」の歌に出てくる
縁切寺がある北鎌倉。
縁切寺・・・中学の時にはギター弾いて歌ったものだ。

町並みも雰囲気も良く観光客で賑わっている。
諸事情があり少ししか歩けなかったが
またいつかゆっくりと訪れてみたい名所だ。


縁切寺

東慶寺は鎌倉の花の寺として親しまれているお寺。歴史的にも「縁切寺」として女性救済の場として重要な役割を担った。鎌倉幕府第8代執権である北条時宗の妻だった覚山志道尼が1285年に開山し封建時代において女性は夫の許可なしに離縁がすることができなかった。そのような時代にこの寺で3年間修行すれば夫の許可がなくても離縁が許される制度「縁切寺法」を施行し、縁切り寺(または「かけこみ寺」)と呼ばえるようになった。寄木造の「聖観音立像」は国指定の重要文化財で松ヶ岡宝蔵に安置されている。あじさい、花しょうぶをはじめ四季折々の花が咲く花寺としても有名。鎌倉の観音巡礼、鎌倉三十三観音霊場の第32番札所(聖観音菩薩)。


e0381887_19222971.jpeg

作詞/作曲 さだまさし

今日鎌倉へ行って来ました
二人で初めて歩いた町へ
今日のあの町は人影少なく
想い出に浸るには十分過ぎて
源氏山から北鎌倉へ
あの日と同じ道程で
たどりついたのは 縁切寺

ちょうどこの寺の山門前で
きみは突然に泣き出して
お願いここだけは 止してあなたとの
糸がもし切れたなら 生きてゆけない
あの日誰かに 頼んで撮った
一枚きりの一緒の写真
納めに来ました 縁切寺

君は今頃 幸せでしょうか
一度だけ町で 見かけたけれど
紫陽花までは まだ間があるから
こっそりと君の名を 呼ばせてください
人の縁とは 不思議なもので
そんな君から 別れの言葉
あれから三年 縁切寺



[PR]
トラックバックURL : https://shiba64shiba64.exblog.jp/tb/27156600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by J_minor at 2018-03-28 21:31
しばしばさん、こんにちは。

さだまさしといえば、20歳前後のとき、グレープのコンサートに行きました。
そのとき「前座」として出てきたのが荒井由美です。たしか「ルージュの伝言」をホットパンツ姿(表現が古いか)で歌ったのを覚えています。
あとさだまさしが落語をやっていました。歌の記憶はほとんどないです(笑)。

ちなみに当時の私はさだまさしに似ていると言われていて、実際お茶の水の楽器街にいたとき「あれ、さだまさしじゃないの?」と言われたことがありますよ。
Commented by shibashiba64 at 2018-03-29 08:42
> J_minorさん
おはようございます。

グレープのコンサート行かれたとは超羨ましい・・・
荒井由美がグレープの前座してたとは初耳です。
さだまさしは落語やりそうですねー。

J_minorさんがさだまさし・・・なんとなく分かる気がします\(◎o◎)/!

by shibashiba64 | 2018-03-24 23:30 | ギターライフ | Trackback | Comments(2)

ゆっくりとアコギのことでも綴っていきます。


by しばしば
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31