Collings CW BaaaA(仕様編)

Collings CW BaaaAは、
ブレーシングの1本、タング・ブレースを無くし、
ラウドにボディー全体で音を出す構造になっている。
強度に関しては、そこはコリングスなので問題無し。。。


Collings CW BaaaAの仕様と販売店の説明を紹介。

Top:------------------>Solid Adirondack Spruce
Side&Back:----------->Solid Jacaranda (AAA Grade)
Neck:----------------->Honduran Mahogany
Finger Board:-------->Ebony
Bridge:--------------->Ebony
Bracing:-------------->Pre War Scalloped Advanced X pattern
Back Construction:--->2p
Neck Width At Nut:--->1 23/32"(43.7mm)
Scale Length:--------->25.5"(約647.7mm)
Tuning Machine:------>Waverly
Rosette:--------------->Black & White
Pick Guard:------------>Tortis Color

プリウォー(戦前)ドレッドノート・スタイルを基本としながらも、
”アドバンスドXパターン”ボルト・オンネック”等コリングス流のアレンジを随所に利かせたDシリーズ。
本器は、ご存じクラレンス・ホワイトが愛用したマーチンD-28を
復刻させたCW(国内ではWinfield)のハカランダ・サイド&バック仕様。
アディロンダック・スプルース・トップ、AAAハカランダ・サイド&バック、ホンデュラスマホガニー・ネック、
エボニー指板&駒、ヘリンボーン・トリム、エキストラフレット、ラージ・サウンドホール、ウェイバリー糸巻き。
その圧倒的な音圧、音量は他のモデルの追随を許しません。
すべての音域が開放されるかのようなサウンドを持ち、湧き上がる重厚な低音に、1・2弦は図太く伸びがあり、
どのポジションを鳴らしてもデッドポイントを感じさせず、上質な材料と工作精度の高さを伺わせます。
コリングスでは惜しくも2008年にハカランダモデルの製作を終了しており、
本器は日本国内最後の入荷と言われているハカランダモデル。
サイド&バックのハカランダの美しい木目やエッジの効いたヘッドシェイプ、
美しいシルエットのボディラインが魅力的な逸品。
ケースはオプションによるTKL・カスタムレザー・ハードケースが付属。

e0381887_12350241.jpg
e0381887_12350746.jpg
e0381887_12351364.jpg
e0381887_12352905.jpg
e0381887_12352256.jpg
e0381887_12353648.jpg
e0381887_12355542.jpg
e0381887_12360453.jpg
e0381887_12354213.jpg
e0381887_12354941.jpg

e0381887_12385982.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://shiba64shiba64.exblog.jp/tb/26717489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zizi at 2018-01-24 18:05 x
もう今では手に入らないど柾目のハカランダ
しかし微妙なうねりもあって美しいですね!
今更ながらですけどCWの意味・・・
ようやく理解できました(笑)

あの中川イサトさんもクラレンスホワイトに捧げた曲を書いてます
その名も「CLARENCE」
僕も昔弾きましたが
https://zizii2015.blogspot.jp/2016/03/dream-catcher.html
シグネチャモデルで弾くのは格別かもしれません
是非一度弾いてみてくださいませませ!

Commented by 丸に橘 at 2018-01-24 18:41 x
こちらはまた「すごい」どころの話ではないですね。
しばしばさんの財力を見せつけられました。。。。
Martin D-28(1962)で喜んでいる場合ではない。。。
美しい。。。惚れ惚れする姿です。
おそらく、音色もたまらないレベルなのでしょう。。。
「。。。。」が多くなってしまいました。。。
Commented by shibashiba64 at 2018-01-24 21:59
師匠
こんばんは。

実はそこなんです。
微妙なうねりがあるから
CWは純な柾目ではないのです。
まあ音には関係ないかもしれませんが
本当の柾目ではないことは確かです。

イサトさんにそんな曲があったとは、
その曲を師匠も弾いていたとは、
びっくりですー。
曲を聴きましたがやっぱり初めて聴く曲でした。
全く関係ないのですが、なんだか部屋がスッキリしてるような!

Commented by shibashiba64 at 2018-01-24 22:08
丸に橘さん
初コメントありがとうございます。

クラレンスホワイトのD-28は、
現在はトニーライスが所有してますが
コリングスのCWは、トニーライスからギターを借りて
採寸して調べまくってコリングスの色をつけて
作成されたようです。
コリングスCWは戦前のD-28と同じスキャなので
60年代の28とは音の方向性は違うと思います。
Commented by zizi at 2018-01-25 08:50 x
>なんだか部屋がスッキリ

僕もそう思って懐かしく思いました(笑)
Commented by shibashiba64 at 2018-01-25 09:32
zizi師匠
おはようございます。

レイデン、ぶつけないように片付けして
スッキリさせちゃって下さい。
by shibashiba64 | 2018-01-24 12:40 | ギター紹介 | Trackback | Comments(6)

ゆっくりとアコギのことでも綴っていきます。


by しばしば
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31